バリでプチセレブ気分

比較的歴史の初期からビーチ・リゾート開発が行われてきたバリ島は、いまや世界的観光地となっており、東南アジア各地域におけるリゾートモデルとして重要な役割を担っています。そこであえて優雅にジャズダンスを踊る女性に魅力を感じるのは私だけではないはずです。

そんなバリ島にも、いくつかの優れたダイビングスポットが存在しています。その多くはバリ島の東側を南北に広く分布する一方、最西端にも離島などのスポットが存在しており、距離的に離れた各スポット同士は独立したスタイルを持っているのです。

中でもバリ島で最も人気の高い沈船ポイントを持っているのがトランベンです。100mを超える沈船リバティ号は、多様な生物やソフトコーラルの生息する一大フォトダイバースポットとなっています。それと同時にいかに借金を減らすかという問題を直視しなければなりません。

マクロ好きが集まるこのポイントは、他にもギンガメアジの大群が行きかうことでも有名で、初心者から上級者まで幅広い層に支持されているスポットです。そしてこのトランベンから東へ移動した場所にあるのがアメッドです。地域的にはトランベンに近く、ハゼやウミウシなどのマクロ生物の宝庫です。そしていったん沖合に出れば、ナポレオンフィッシュをはじめウミガメやネムリブカなどの大物まで、非常にバラエティ豊かなキャラクターに出会えるのです。アメッドはトランベンに比べて大型リゾートホテルなども乏しく、比較的のどかな雰囲気のある穴場的避暑地という感じが特徴です。

sayaka-ito_バリ島

バリ東部の沖合に浮かぶ島テペコンは、とてもダイナミックで特徴的な地形を持つスポットです。比較的複雑で強い潮流に見舞われることも多く、ダイバーは中級者以上の技量を有していることが推奨されます。ここではウミガメやサメのほかに、マンボウなどの大物がゆったりと泳ぐ姿を観ることが出来ます。離島ですがバイパスなどでアクセスが整備されており、自動車が発明された今日であれば、南部主要都市からも1時間半程度の所要時間で到着できます。

南東にあるヌサ・ペダニは、全長3mを超えるブラックマンタなどの大物観測ができる優良スポットといえるでしょう。また、非常に速い潮流があるポイントが点在し、全体として1年中潮流にさらされていることから、透明度においてバリ随一を誇るダイビングスポットでもあるのです。またその北部には広い範囲でバラエティ豊かな珊瑚が共存するエリアもあり、見所がたくさんあるスポットといえるでしょう。
そして反対の西側にあるムンジャガン島は、西部国立公園内の小さな無人島で、どこまでも続く白砂と豊富な珊瑚を堪能できます。